電子工作の解説動画はここをクリック

エンジニアが出会いを手にする方法【ランキング形式でおすすめを紹介】

どうも、なかしーです。

僕はプログラミングの経験を活かし、営業からエンジニアに転職しました。

新入社員研修を終え、どんな人達と仕事をするのか現場配属を楽しみにしていたんですが、配属された現場には全く女性がいませんでした。

また、就職の時に地元を離れたので頼れる知り合いはゼロ。

彼女は欲しいけど、女性との出会いがなかったので悶々とする日々を送っていました。

「そろそろ、行動しないとな」と思い、女性との出会いを手に入れるために行動したところ、女性と付き合うことができました。

そこで、女性と出会ってからデートや付き合いやすかった方法をランキング形式で紹介します。

エンジニアにおすすめの出会い方

エンジニアにおすすめの出会い方はこちらです。

  1. 街コン
  2. マッチングアプリ
  3. 合コン
  4. 友達からの紹介
  5. ナンパ

街コン

街コンはバーやパーティー会場を貸し切って開かれるイベントで、イメージは大規模な飲み会のような感じです。

テーブルに男女2人ずつ座り、30分ごとに席替えを行うので色んな女性と会話を楽しむことが可能です。

合コンに誘ってくれる友達や知り合いが少なくても、街コンは毎日のように開催されているので、いつでも気軽に女性と出会うことができます。

僕も街コンに参加してみたところ、1回あたり10人ぐらいの女性と出会うことができました。

街コンの料金は5000円から9000円と少しお高いですが、自分の人脈に依存しないところや、出会いの発展のしやすさを考えると街コンが一番おすすめです。

街コンは主催者のホームページから申し込むことが可能です。

僕は、街コンの掲載数が一番多い「街コンジャパン」を使っています。

色んな種類の街コンがあるので、街コンが気になる方は「街コンの「選び方」と「探し方」を徹底解説【出会いの質を高める】」をご覧下さい。

街コンの「選び方」と「探し方」を徹底解説【50回参加して検証した】

マッチングアプリ

マッチングアプリは、自宅にいるときや通勤中などにスマホを使い、気軽に女性と出会うことができます。

年齢や住んでいる場所などで登録している女性を検索することが可能で、写真や自己紹介を見て気になる女性がいたら「いいね」を送ります。

その「いいね」を女性が受け取り、気になるようだったら「いいね」を送り返してくれます。

お互いに「いいね」という状態であれば、メッセージのやり取りが可能になります。

メッセージを繰り返して会ってみたいと思ったら、女性をデートに誘います。

登録や「いいね」を送るのは無料ですが、メッセージを送るには有料会員になる必要があります。

料金は月々4000円から5000円ほどです。

僕はマッチングアプリを3つ使ったことがあります。

自分好みの女性とマッチングが成立するんですが、悲しいことにメッセージを送ってもなかなか返ってきません。

合コン

合コンは小規模な飲み会みたいな感じです。

男女で向き合うようにテーブルに座って、お酒を飲みながら会話を楽しみます。

街コンと違って、人数が少なければ2時間じっくり会話できます。

知り合いに仲が良い女性がいたり、女友達が多い人がいるなら合コンをお願いしてみるのも良いかもしれません。

友達からの紹介

仲のいい友達や職場の先輩に女性を紹介してもらう方法もあります。

紹介してくれる人に対する信頼があるので、実際に会ってみて悪くなければ付き合える確立は高いと思います。

しかし、人脈が少ないと友達も出会いがないということも考えられます。

ナンパ

人が多い街中や立ち飲みバーで女性に声をかける方法です。

街中でのナンパは勇気がなくて出来なかったので、立ち飲みバーでナンパに挑戦しました。

ナンパ目的で入店している男性が多く、女性が入ってくるとあの手この手で声をかけていました。

話に自信があったり、ナンパが得意な友達がいればおすすめです。

エンジニアが出会いを手にする方法

この記事では「エンジニアが出会いを手にする方法」について紹介しました。

僕が実際に試してデートや付き合うことができるか判断したランキングはこちらです。

  1. 街コン
  2. マッチングアプリ
  3. 合コン
  4. 友達からの紹介
  5. ナンパ

街コンは一人でも参加できることと自分の人脈に依存しないので、異性の知り合いが少ないエンジニアにおすすめです。

街コンについて詳しく知りたい方は「街コンの「選び方」と「探し方」を徹底解説【出会いの質を高める】」をご覧下さい。

街コンの「選び方」と「探し方」を徹底解説【50回参加して検証した】