電子工作の解説動画はここをクリック

個室形式の街コンに参加した感想【1人でもOKな婚活パーティー】

どうも、なかしーです!

https://miraiworks.org/wp-content/uploads/2019/10/nayamu_boy2.png
街コン初心者

街コンの婚活パーティーに個室形式とオープン形式があるけど何が違うんだろう?個室形式の特徴や感想を知りたいなぁ

という悩みを解決します。

婚活パーティーには個室形式とオープン形式の2種類があり、「パーティーの流れ」と「会場の雰囲気」が違います。

実際に参加してみると婚活として成果に繋がりそうなのは「個室形式」の方だと感じました。

https://miraiworks.org/wp-content/uploads/2020/01/プロフィール2.jpg
なかしー

個室形式の婚活パーティーは一人でも参加しやすかった!

この記事では「個室形式の婚活パーティーの特徴と感想」を紹介します。

個室形式の婚活パーティーの特徴

個室形式の婚活パーティーでは、最後にカップル発表が行われます。

カップル発表では、お互いに気になっている男女が受付時に渡される番号で呼ばれます。

参加者の中から気になる人を選ぶために、個室形式の婚活パーティーは次のような流れになっています。

  1. 受付
  2. プロフィールカード記入
  3. 全員と会話
  4. メッセージカード交換
  5. 気になる人に投票
  6. カップル発表

個室形式とオープン形式を比較しつつ、特徴を詳しく紹介します。

特徴1.パーテーションで区切られている

オープン形式は、広い会場に数人座れるテーブルとイスが用意されていますが、個室形式の会場は会議室などに設置されているパーテーションで区切られています。

各テーブルに男女一人ずつ横並びで座って会話します。

テーブルに座るとパーテーションで視界が遮られているので、周りの様子や声を気にせずに会話に集中することができます。

また、友達と参加したとしてもバラバラになってしまいます。

友達と一緒に話したいという人はオープン形式の婚活パーティーや恋活パーティーを選ぶべきです。

特徴2.ご飯やドリンクの提供は無い

個室形式は全員と話すので席の移動が多く、1人あたりの時間が短いです。

ご飯を食べたり、お酒を飲んだりしている時間はありません。

飲食の提供がないので、オープン形式の婚活パーティーに比べて参加費は安くなっています。

特徴3.話せるのは一回のみ

オープン形式の婚活パーティーはグループで会話したあとに、気になる人と個別で話すことができる「フリートーク」の時間があります。

個室形式の婚活パーティーでは、最初から個別に話しているからかフリートークがない場合こともありました。

フリートークについては開催している主催者によって変わるようなので、街コンの詳細を確認してください。

個室形式の婚活パーティーに参加した感想

僕は街コンジャパンで個室形式の婚活パーティーを探しました。

参加した婚活パーティーは次の2つです。

  • シャンクレール
  • ホワイトキー

それぞれに参加した感想をまとめて紹介します。

話す時間が短すぎる

普段は恋活パーティーに参加していて、同じ人と30分ぐらい話しています。

個室形式の婚活パーティーでは全員と話すために席替えまでの時間が5分から10分ぐらいでした。

全員と話すための時間は一定のようで、参加人数で割って席替えまでの時間を決めていると思います。

そのため、人数が多いほど1人当たりの時間は短くなります。

全員と話した上で気になる人を選ぶ仕組みは気になっていますが、話す時間が短いので、性格や趣味などをプロフィールカードに書いてあることを読んで想像する他ありません。

メッセージ交換の時に綺麗な女性の隣に座っていたんですが、男性から沢山メッセージカードが届いていました。

どうしても容姿が良い人ほど有利になるのは仕方ないと思います。

話した後のメモが大事

カップル発表前の投票では、受付時にもらった投票用紙に気になる異性を5人まで選ぶことができました。

記入するのは気になる異性の名前ではなく、受付時に配られる番号を記入します。

番号はプロフィールカードの上の方に記入するようになっています。

話終わったあとに話した相手の特徴をメモ用紙に記入する時間があるんですが、番号や特徴を分かりやすく控えないと投票のときに困ると思いました。

気になる人にはマークをしておくと投票のときに迷わずに済むと思います。

カップル発表はドキドキ

投票後にスタッフさんが集計をして、カップル発表が始まります。

名前ではなく番号が呼ばれるようになっているんですが、自分の番号と気になる女性の番号が呼ばれるかいつもドキドキです。

カップル発表で見事に番号を呼ばれたこともあれば、1組もカップルが成立しなかったこともありました。

カップルとして呼ばれた場合は、男性から先に退場して女性を外で待つことになります。

カップルとして呼ばれただけあって、再び顔をあわせるのは少し恥ずかしさを感じました。

ちなみに、カップル成立した人とLINEを交換して後日デートに行ってきました。

街コンで知り合った女性とデートに誘う方法について知りたい方は「街コン後のデートの誘い方は重要ではない【誘う前に結果は決まっている】」を読んでみてください。

街コン後のデートの誘い方は重要ではない【誘う前に結果は決まっている】

個室形式の婚活パーティーのコツ

個室形式は一人ひとりと話せる時間が短いので、第一印象が勝負どころだと思います。

第一印象を良くしたいなら服装や髪型、あとは元気に挨拶したり話したりすることに気をつければ良いと思います。

第一印象以外にも次のことに気をつけたほうがいいと思います。

  • 事前に話す内容を準備しておく
  • 番号と特徴を必ずメモする
  • ペンを忘れずに持っていく

シャンクレールの婚活パーティーはペンを持参するようになっています。もしも、ペンを忘れるとお金を払って借りることになるので注意してくださいね!

おすすめの婚活パーティーを紹介

他の婚活パーティーにも参加したことがあります。

婚活パーティーで有名なのは次の5つです。

  • シャンクレール←おすすめ
  • エクシオ
  • ホワイトキー
  • オトコン
  • エヴァのふれあいパーティー

個室の婚活パーティーを探すときに便利なのが「街コンジャパン」です。

色んなサイトを調べなくても、街コンジャパンなら一括で見ることができます。

また、街コンジャパンは婚活パーティーの参加費を安くできるフリーパスを販売しています。

  • 婚活フリーパス:1ヶ月間婚活パーティーに参加し放題(女性用)
  • メンズパス:1ヶ月間婚活パーティーの参加費が10%OFF

個室形式の婚活パーティー|まとめ

この記事では「個室形式の婚活パーティーの特徴と感想」について紹介しました。

個室形式の婚活パーティーは気になる異性を一人選ぶために「カップル発表」があったり、全員と話せるようになっています。

一人ひとりと話せる時間は5分から10分程度で、事前に話す内容を決めておかないとカップル発表で自分の番号が呼ばれないかもしれません。

また、会話した後に番号と特徴をメモ用紙に記入して、気になる人だけマークをつけておくと投票で迷わなくて済むと思います。

パーテーションで区切られた個室で男女一人ずつ横並びに座るので、一人でも周りを気にせずに参加することができました。

出会いがなくて困っているけど、一人で参加しにくいなら個室の婚活パーティーがおすすめです。

他にも街コンに関する記事を書いています。

街コン関連の人気記事

>>街コンに一人で50回参加した感想【メリットやデメリットも紹介】

>>街コンの「選び方」と「探し方」を徹底解説【出会いの質を高める】

>>シャンクレールの評判・口コミ【参加人数やスタッフの対応はどうなのか?】