電子工作の解説動画はここをクリック

組み込みエンジニアに未経験で転職してみた

どうも、なかしー(@nakac_work)です。
僕は組み込みエンジニアとして働いています。

エンジニアと聞くとホームページやwebサービスを開発するIT系エンジニアを想像する人が多いと思います。僕は転職エージェントに仕事を紹介されるまで、組み込みエンジニアについて全く知りませんでした。

https://miraiworks.org/wp-content/uploads/2019/10/nayamu_boy2.png
仕事で悩んでいる人

組み込みエンジニアは何をするの?

と思っている方もいると思います。

組み込みエンジニアは自動車や家電製品などにプログラミングをします。

僕みたいに組み込みエンジニアについて知らない方が多いのではないかと思ったので記事にしました。

転職を考えている方や将来の進路で悩んでいる大学生の参考になればと思っています。

この記事に書いてあることは僕の事例を中心に紹介しているので、会社や地域など働く環境によって違いがあると思います。あくまで参考程度の情報だと思って読んでください。

組み込みエンジニアの仕事について

冒頭でお伝えした通りで組み込みエンジニアは自動車や家電製品などにプログラミングをする仕事です。

もう少し具体的にお伝えするなら、製品に搭載されているコンピューターにプログラミングをして、自動運転技術やIoT機器の開発などをする仕事です。

一体どんな人に向いているのか僕なりに考えてみました。

  • 自動車や機械など動く物が好きな人
  • ものづくりが好きな人

僕は小学生のころからロボットやクルマのアニメが好きでした。一緒に働いている人はロボットアニメを好きな人が多いです。

組み込みエンジニアの将来性

僕の個人的な見解ですが、組み込みエンジニアの将来性はとても高いと思います。

その理由は、技術改革でモノが軽量化・コンパクト化・高性能化していて、プログラミングの量が増えているからです。

特に来年は通信規格5Gの登場によって、自動車業界で話題になっている自動運転技術やIoT機器の開発に大きな変化が起きると考えています。

https://miraiworks.org/wp-content/uploads/2019/10/nayamu_boy2.png
仕事で悩んでいる人

でも、自動運転のプログラミングとか難しそうじゃん

と思っている人もいると思います。

自動運転も実際のところ難しいと思います。
しかし、簡単だと誰でも出来てしまうので価値は低くなる可能性があります。

僕はコールセンターのオペレーターやカラオケ屋の受付として働いたことがありますが、基本的にマニュアル対応でOKでした。その分、給料は低かったです。

最近は事務作業の効率化を行ったり、セルフレジの登場によってマニュアルで出来る仕事は機械やAIや奪われていると思います。

しかし、エンジニアなどの開発する仕事や仕組みを構築する仕事がなくなることはないと思います。

組み込みエンジニアの副業

組み込みエンジニアとして帰宅後や休日などの隙間で出来る副業案件は少ないと思います。

その理由は、新しい製品を開発しているので企業秘密だったり、検証を行う高額な機械やソフトが必要だからです。

ただ、自動車業界では開発過程で試作品を作らずにシミュレーションで検証を行う方向に進んでいます。これは試作品を作る費用を低減し、開発期間の短縮を行うためです。

モデルベース開発(MBD)と呼びます。モデルベース開発であれば自宅のパソコンでシミュレーションを行って検証することが可能なので、モデルベース開発の案件が増える可能性もあると思います。

ただ、使用するソフトのライセンスの料金が高いです。

組み込みエンジニアへ転職する

僕は未経験で組み込みエンジニアに転職しました。
会社によっては経験年数が1年や2年以上のところもあったりします。

僕は仕事で電子回路の設計やプログラミングのスキルを競う大会に出場していたこともあって、転職活動で内定を3社もらうことができました。もちろん、未経験という理由で落ちた会社もありました。

内定をもらった会社から1つ選んで働いています。

組み込みエンジニアの年収

3社から内定をもらった後に、就職してからの予想の月収と年収を提示してくれました。

未経験だと一番下からの階級からスタートするので、給料は他のサラリーマンと同じぐらいです。ただ、一番低いところと高いところの差が10万円ぐらい違いました。

転職するなら条件を比べて冷静に考えるためにも、数社に応募するのが良いと思います。

配属された職場によっては忙しくて残業が多いところもあるみたいなので、残業代で給料は多くなるかと思います。

組み込みエンジニアの資格

特になくてもOKです。

資格よりも実践で使えるスキルを求められている気がします。
例えば、C言語やPython言語です。

組み込みエンジニアとC言語の関係性についてはこちらの記事で紹介しています。
>>組み込みエンジニアを目指しているならC言語を勉強した方が確実です

もしも、資格勉強もということであれば、

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者

あたりを取ると良いと思います。

組み込みエンジニアとは|まとめ

この記事では「組み込みエンジニア」について紹介しました。

この記事のまとめ
  1. 組み込みエンジニアは自動車や家電製品にプログラミングをする
  2. 組み込みエンジニアは技術革新で需要が高まる
  3. 組込みエンジニアに転職するなら資格よりもスキルを磨いた方が良い